1106a
1106b

コトルはあちこちに猫がいるのだけど、猫グッズを売るお土産屋さんも多くて「猫はコトルの街のシンボルなのよ、非オフィシャルだけどね」って。ちなみにオフィシャルのシンボルはベネチア同様ライオンだそうです。

猫達を世話してくれてる人達のところでこのくらいお金を遣っても惜しくないよね。
aIMG_8111

猫博物館もあったけど、この日は閉館していて中に入れず。
aIMG_8074


古くから商船が行き来していた湾岸都市コトルでは、ネズミ避けとして乗船していた猫の子孫が多く暮らしているのだとか。また、猫によって街が救われた逸話もあるみたいだし、猫フレンドリーの街である事は間違いなさそうです。飼い主の居ない地域猫が圧倒的に多いとはいえ、人は皆猫に優しく、猫も人によく慣れていて、のびのびと暮らしていたのがとても印象的でした。
そして、彼らを支えるチャリティー団体のひとつKotor Kittiesは、ここ1年で500匹以上の猫の去勢したとレポートを出してます。私もコトルの猫たちに遊んでもらったので寄付しといたけど、次行くときも元気な猫達に会いたいよね!


クルーズ船も寄港するコトル湾、この2匹は飼い猫かな。
aIMG_8062

旧市街の入り口には人懐っこい猫。耳が欠けているのは「飼い主はいないけど去勢/避妊済み」誰かがみてくれている印。
aIMG_8165

要塞ハイキング途中で見かけたこの子の耳も。ボランティアさんありがとう。
aIMG_8315

どの猫も人を恐れず近づいてくる。虐める人が居ない証拠だよね。
aIMG_8366

見返り美人。ほっそりした骨格が日本やイギリスの猫と少し違うような。bIMG_8310

山道の途中で先に進めなくなるのは足が痛いからではなくて…。
aIMG_8363

ギリシャのコス島でよく見かけた、毛が白っぽい薄い色の猫も多い。<ギリシャの猫の記事はこちら>
aIMG_8439

ちびっこ連れのママが近づいてきたけど、私がエサ持ってないのを悟ったか。
aIMG_8407

下りで再会した時は観光客からキャットフード貰ってた。私も次回は持って来るからね!
aIMG_8749

旧市街にあるレストラン、入り口の受付のところで寝ていても誰も邪魔者扱いしない。
aIMG_8083

気が向いたところ、好きなところで佇む。
aIMG_8276

もうちょっと落ち着くとこに座ればいいんじゃないかなとも思うのだけど!?
aIMG_8098

博物館の入り口あたりだったかな、人の多いところでも安心してうたた寝。
bIMG_8005

この至近距離にいる私を無視してなに見つけた?
aIMG_8268

カバンをごそごそすると、どの猫もパッと見るんだけど、餌じゃなくてカメラでゴメン。
aIMG_8230

また来るから皆元気でね〜!
aIMG_8235


さて、モンテネグロのコトルの記事はこれで終了、次回はドブロブニクです。
その前に、いつものクダラナイ話を挟もうと思うけど、いつもお付き合いどうもありがとうございます。