0726_01
0726_02

 あと一歩だったのに〜。

以前ロチェスター行った時もこの調子で買い忘れたし
全然集まんないから割り切ってネットで買っちゃう!?
Canterbury Cathedral Shop日本へも発送してくれるようです。


さて、先週末はロンドンから電車で約一時間、ケント州の
ウィツタブルとカンタベリーへ行ってきました。

まず、ウィツタブル、英国王室御用達の牡蠣の産地らしんだけど
この日は年に一度の牡蠣祭り、ハイストリートも海沿いも賑わってました。
採れたての美味しい牡蠣を思い残す事無く食べてきたワヨ!

aIMG_1682

現地産のエールとね!
aIMG_1687

英国ではビネガー&オニオンで食べるのが人気だけど、私はレモン派、イアンは食べない派。
にしても一個1ポンドは安い!

aIMG_1707

マーケットが出てたり色んな催しがあったらしいんだけども
私達はまったりとランチしたらカンタベリーへ移動。
可愛らしいウィツタブルの町、また来るよ〜!
aIMG_1728

路線バスで30分くらいかな、カンタベリーに到着。
aIMG_1747

このカンタベリー大聖堂、英国国教の総本山でユネスコの世界遺産にも登録されてる
歴史あるスゴイトコらしいのよね。
aIMG_1869
入場料は1人12ポンド。今工事中でちょっと残念な写真だけど。

ロンドンから電車でケント州へ行ってこういった見学する際は
入場料が2 for 1っていう2人で1人分の料金になる割引になる場合があるのよね。
Southeastern Railwayの電車の切符と、Southeastern Railwayのサイトから取得した
「コード」を見せるだけ。(詳しくはサイトを見てね!)
そして浮いたお金を違うお店やレストランで使って旅を楽しんでも、誰も文句ないと思うケド!?

aIMG_1767

正直行って、このカンタベリー大聖堂の詳しい事はよくわからないんだけどaIMG_1830

マグナ・カルタの原文の一つがここにあるとか、昔学校でそんなのやったような!?
aIMG_1791

でも、わからないなりにも興味深く思えたり、こういうのを目の当りにするとね。
aIMG_1799

パイプオルガン奏者がずっと何か弾いているんだけど、それを聴いてるだけでも。
aIMG_1782

14世紀のイングランド王子、エドワード「ザ・ブラック・プリンス」。
aIMG_1805

すり減ってツルツルの階段。見た目以上によく滑る!
aIMG_1809

ハリーポッターに出て来たのはココじゃなくてダラム大聖堂の回廊らしいけど。
aIMG_1836

ググってイロイロ知ったらまた行きたくなっちゃった。2 for 1チケットでね!
aIMG_1839

宿泊したのは、カセドラルゲートホテル。大聖堂の入り口の門に隣接してて1438年建築の
何とも趣あるつくりだけども、ナナメった床のバスルームは要注意!?
aIMG_1764

そして夜はカンタベリーの街中をぐるっと歩いてお店をハシゴしたんだけど
食べものが洗練されてる街というか、ヘルシー趣向の店が多くて驚き。
ホテルの何でも無いコンチネンタルブレックファストでも
食材の選びかたひとつ丁寧で、フルーツやクロワッサン、ヨーグルトも凄く美味しかった!
ホテル向かいのワインバーThe Shakespeare Wine Barも絶対また行かなくちゃ。

で、この写真はスイーツショップなんだけど。
aIMG_1924

英国のドトール的チェーンカフェ、カフェネロも歴史を感じさせる建物。
aIMG_1933

趣のある図書館。
aIMG_1886

こんなボートツアーがあったけど、国内外からの観光客は多い様子。
aIMG_1997

一泊2日でざざっと廻っただけなんだけど、だいぶ見損ねてるかんじ。
aIMG_1899
しょうがない、またいつか行って、クリスマスツリーオーナメントをゲットしなきゃかな〜。


というわけで、今回はまた長〜くなっちゃったけど
最期まで読んでいただいた皆様どうもありがとうございます。
ついでに応援クリックよろしくお願いします〜! 
  







E-Mailで更新のお知らせが届きます
 
↓↓↓ 
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」